スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
愛を読む人
2009 / 06 / 30 ( Tue )
レディースディを利用して「愛を読む人」を観てきました。

1280a1.jpg


「愛を読む人」を観たい!

というのではなく、

時間が空いたなー、
あ、そういえば今日レディースデーだなー

そんな感じで。

前知識といえば

・ケイト ウィンスレット がでている
・この映画で ケイトがアカデミー賞の主演女優賞をとった
・年の差カップルの恋愛物?


そんなものだけ。
ほのぼのした恋愛物なのかしら~なんて思っていた私・・・

ところが

非常に重く深い映画でした。
でも本当に観て良かった。

映画の中で登場人物はみな 自分の感情をあまり言葉にだしません。
表情や立ち居振る舞いで表現している そんな感じです。
気持ちの細部を描いていないので、観た人それぞれに
違う解釈をしているかも と思います。

ケイト演じる ハンナの選択は 本当にそれで良かったのか?
相手役マイケル の選択も・・・

自分だったら??と考えたけれど、
時代も環境も違いすぎて、自分だったら?という回答を出すことができませんでした。


ストーリーも 心揺さぶったけれど、
やはり演じる人々が素晴らしかった。

ケイトは もう本人の面影はなく ハンナそのもの。
真面目で、実直で、でもプライド高く。
青年時代のマイケル役 デヴィッド クロス も 表情で表現できる
本当に素敵な役者さんでした。笑顔もかわいくて♪

ストーリーを全部わかった上で もう一度観てみたい そう思わせる
映画でした。

ただ・・・
この物語 ドイツが舞台のお話しです。
もちろん ハンナもマイケルもドイツ人という設定。
なのに 英語・・・。
アウシュビッツの話もでてくるのですが、英語でそこがなんとも残念。。

でもでも ちょっぴり残念だけれど、
観て良かったと思える映画です。

ノースポート・モールのワーナー・マイカル・シネマズでは

7月10日までは 必ず上映、その後は未定だそうです。

今の上映スケジュールは

9:20~、14:15~、21:35~ となっています。

ちなみに こちらのレディースデーは月曜日でーす♪

15 : 03 : 05 | その他 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。